本学会は、Learning Analyticsに関する
調査・研究・普及啓蒙を目的としています

  • HOME
  • >
  • イベント情報

学習分析学会(JASLA)2020年度 第2回研究会

開催日 2020年12月06日(日) 13:00(zoomオープン12:30)~
開催概要 学習分析学会(JASLA)は、12月6日(日)に2020年度第2回研究会を開催いたします。
当日の資料はこちらからダウンロードできます(要パスワード)

【スケジュール】
 12:30~13:00 受付
 13:00~13:05 開会のあいさつ
 13:05~13:30 演題1
 「同時双⽅向型遠隔授業における学習分析~Web 会議システムと学習管理システムの共生~」
  〇亀田真澄(山陽小野田市立山口東京理科大学)、宇田川暢(新潟大学)
 13:30~13:55 演題2
 「コロナ禍におけるMoodle利用のログ解析:学習分析と教学IRの視点から」
  〇淺田義和(自治医科大学)
 13:55~14:10 休憩
 14:10~14:35 演題3
 「Mask-RCNNを用いた動画内の鏡視下手術器具の追尾と手術手技のうまさの定量評価」
  〇大岩孝輔(青山学院大学)、前田佳孝、松本志郎、川平洋(自治医科大学)、野澤昭雄(青山学院大学)
 14:35~15:00 演題4
 「多様なオンライン・ハイフレックス授業構成」
  〇田村恭久(上智大学)
 15:00~15:25 演題5
 「体育授業教師行動分析アプリの実践報告」
  〇石原保彦(あどあど)
 15:25~15:40 休憩
 15:40~16:05 演題6
 「リフレクションシート分析による学習データの収集・可視化」
  〇彌島康朗(敬愛大学)
 16:05~16:30 演題7
 「地域社会から望まれる新社会人ITスキルなどの調査結果」
  〇辰島裕美(金沢星稜大学女子短期大学部)
 16:30~16:40 閉会のあいさつ


【発表募集要項】
 発表申込締切:11月6日(金)12月2日(水)に延長しました!
 原稿提出締切:12月2日(水)※予稿原稿なし、スライドのみの発表も可
 発表時間  :25分(発表18分、質疑7分)を予定
 発表申込方法:発表お申込みフォームに必要事項をご入力の上送信してください。
 原稿提出方法:原稿提出フォームよりファイルをご登録ください。
 発表に関するお問合せ:学習分析学会 事務局( staff@jasla.jp )

===== 発表お申込者様は以下をご確認ください =====

(1)原稿提出の締切日のリマインドと発表資料ご提出のお願い
   原稿の提出締切日は、今週 12月2日(水)です。
   予行原稿なしの場合でも、スライドの提出をお願いいたします。
   原稿提出フォームはこちら
(2)当日のzoomURLについて
   研究会当日のzoomのURLにつきましては、参加お申込みフォームの自動返信メールに記載しております。
   ご入力がまだの場合は、お手数ですが画面下の「お申込みはこちら」よりご入力と送信をお願いいたします。

=================================
会場 オンライン(Zoom)
※お申込みフォームにご入力いただくと自動で届く応答メールの中に当日のzoomのURL等が記載されています。
参加費 無料
※お申し込みフォーム入力後、システムからの自動応答メールが届きます。
 10分以上経過してもメールが届かない場合には、再度送信してください。
 メールアドレスの入力間違い、迷惑メールボックスに入っている場合が多くありますのでご注意ください。

どうしても自動応答メールが届かない場合、JASLA事務局(info@jasla.jp)までご連絡いただけますようお願いいたします
キャンセルについて 席に限りがありますので、申込後のキャンセルは早めにご連絡ください。
連絡先:info@jasla.jp

お申し込みはこちら